あじみちゃんのキャバクラ指南

現役キャバ嬢がキャバクラの稼ぎ方やお店選び〜指名される方法までさまざまなテクニックを綴ります。新人さんから悩めるキャバ嬢を応援します!

売れっ子への階段!本指名をもらおう!

 

本指名でご来店いただこう!

キャバ嬢の売上は本指名のテーブルで発生した会計です。それ以外で飲んだドリンクや場内指名は売上にはなりません。

お給料があがる一番の方法は売上をたてて時給をあげることです。そのためにも本指名のお客様にご来店いただきましょう。 

f:id:ajimichan:20181008032503j:plain

場内指名と本指名の違いは?

  • 場内指名:フリーでご来店のお客様がその日にテーブル上で指名すること
  • 本指名 :フロントで◯◯ちゃん指名で!とお客様が決めて入店すること

フリーで付いて連絡先を交換したお客様が、本指名で来店してはじめてあなたのお客様という認識になります。

 

本指名のお客様を呼ぼう

本指名のお客様を呼ぶために必要なことはシンプルに「こまめに、かついいタイミングで連絡をする」ということに尽きます。

いくつかのポイントに分けて説明しますね。

  • まめに連絡すること(受け身ではいけません自分から連絡しましょう)
  • 出勤日をお客様に伝えよう(出勤していない日に来店されても売上にならない)
  • 営業連絡は昼前には済ます(夕方以降の連絡は露骨な営業に見られてしまう)
  • お客様が飲みに歩くタイミングを把握しておく(お店に誘いやすい)

 

まめに連絡すること

f:id:ajimichan:20181008033147j:plain

お客様は他にもいろんなキャバ嬢と連絡をとっている場合があります。

せっかく場内指名をいただけたり連絡先を交換しても、お客様と連絡をとらないキャバ嬢はまず売れません。

それから基本的にお酒の席で女の子と会うわけですから翌朝になって女の子の顔を覚えていないお客様は多いです。ですからこまめに連絡をとって自分の存在を忘れられないようにしましょう。写真をとって送るのも効果的です。

あの子が気になる!また会いたい!そう思ってもらえる存在になりましょう。

 

出勤日をお客様に伝えよう

f:id:ajimichan:20181008033251j:plain

まめに連絡をとっていても、お休みの日に限ってお客様から連絡で「今日いる????」なんて連絡がくるのはキャバ嬢あるあるです(笑)

自分の出勤日は必ずお客様に伝えるようにしましょう。

出勤していないときにお客様がきてもあなたの売上にはなりません。せっかく行ったのにいなかった!というイメージがついてしまいます。これは本当にマイナスです。

少ない出勤の女の子は特に、今日出勤しているよ!この日出勤だよ!とい連絡をお客様に必ずしましょう。


営業連絡は昼前には済ますこと

f:id:ajimichan:20180929043744j:plain

売れているキャバ嬢はお客様の目線になって考えることが上手です。

お客様の生活スケジュールに合わせて連絡をします。好きなひとからおはようのメールがきたら嬉しいものですね。

しかし売れないキャバ嬢は夕方から営業連絡をします。お客様は仕事が終わる時間です。さすがに営業だってばればれですよね。

営業をかけられていると感じると途端に興ざめする男性は多いです。多かれ少なかれキャバ嬢に夢を見ていますから。

まるでプライベートで連絡をとっているような営業連絡をしてくださいね。


お客様が飲みに歩くタイミングを把握しておく

f:id:ajimichan:20181008033924j:plain

1軒目は食事、2軒目は居酒屋、3件目は……と、男性はお店をはしごして飲む方が多いです。

遅くなるにつれ酔いもまわりお財布のひもが緩みます。つまり、飲みにでているお客様はその延長でお店に来店してくれる可能性がとても高いです。

このチャンスを掴めるキャバ嬢になりましょう。

客様が外で飲んでいることがわかったら、「一緒に飲みたい!」と連絡してください。お店にきて!というよりもずっと言いやすいですし、お客様も「ついでにいくか!」という気持ちになりやすいです。

 

指名を呼ぶ!と考えると大変そうなことに感じてしまいますが、大切なことは、1度来ていただいたお客様がまた話したいと気軽に思えるようなキャバ嬢でいることです。お客様にとってはあなたの指名や売上の事情は関係ありません。

お客様をおもてなしする気持ちがあれば成績にもしっかり返ってきます!

 

あじみ

 

おもしろい!参考になった!応援したい!と思っていただけたら、下のリンクのクリックをおねがいします!



水商売ランキング
にほんブログ村 大人の生活ブログ キャバ嬢・ホステス日記へ
にほんブログ村