あじみちゃんのキャバクラ指南

現役キャバ嬢がキャバクラの稼ぎ方やお店選び〜指名される方法までさまざまなテクニックを綴ります。新人さんから悩めるキャバ嬢を応援します!

キャバクラで働く!(10)- フリーのお客様を接客しよう! -

 

フリーのお客様を指名客にしよう! 

フリーのお客様は持ち主なし(まだ指名のいない)のお宝です。でも、その日お店にきたすべてのフリーのお客様の席につけるわけではありません。付け回し(お客様の席にどの女の子をつけるか決める係)がどの席に誰をつけるか決めます。

選ばれた席でチャンスをしっかりと掴みましょう。それがあなたのお給料の種です。

f:id:ajimichan:20181004170049j:plain

フリーの席で大切なこと

  • 時間はひとり20分ほど。時間配分が重要
  • 名刺を必ずその場で書いて渡す
  • 会話を印象深くするためのお客様の情熱スイッチを探す
  • その場でお客様から連絡先をもらう
  • お客様がお店から出たタイミングでのお礼メール

どれも基本的なことですが、私が大切なことだと思う理由があります。

接客業は初めは緊張しますが、慣れるのも早いです。その分、流れ作業になってしまいます。

流れ作業になってしまうと指名客になってもらえるチャンスを見逃しがちです。このブログを読んでいる女の子にはひとつのチャンスも無駄にしないでもらいたいです!

では、細かく説明していきたいと思います。 

時間はひとり20分ほど

自分の持ち時間は約20分ほどです。この時間のなかでお客様と会話して連絡先を交換しなければなりません。

f:id:ajimichan:20181004170316j:plain

場内指名(フリーのお客様がお店のなかでする指名)をいただいた場合は別ですが、時間配分を必ず気にしてください。

お席について自己紹介して10分ほどの会話でしっかり心を掴みましょう。

それから5分で連絡先の交換、どんな子が好きか自分に脈があるか見極めます。脈アリなら場内指名のおねだりをしましょう。

そのあたりでスタッフに呼ばれます。呼ばれてから連絡先を聞いたり場内交渉をするのはいけません。焦ってうまくいかないことが多いですし、他の子の時間が減ってしまうこともあります。呼ばれたら速やかに抜けられるようにしましょう。

時間を売る商売は流れが大切です。自分のことだけでなく他の子の時間も気にしましょう。

 

名刺を渡す

名刺はあなたの分身です。初めはお店に置いてある空名刺(手書きで書く名刺)に名前を手書きしてお客様に渡しましょう。

しかし、いつまでもそれではいけません。オリジナルで作っている女の子に印象で負けてしまいます。

名刺は自分でデザインを選んで作りましょう。100枚2000円くらいで作れます。

f:id:ajimichan:20181004170532j:plain

名刺を渡すタイミングですが、オススメは最初に渡すことです。

そして、テーブルを抜ける前に「ちょっと先程お渡ししたお名刺よろしいでしょうか」といった感じで1度手元に返してもらい、コメント(お客様の感想)を書いてもう1度渡します。

このコメントは効果絶大!お客様はひとつの店で何枚も名刺をもらうこともあります。どの名刺がどの子か忘れてしまいますし、お店の外で捨てられてしまうこともしばしば。

しかし手書きのコメントがあるとなんとなく捨てづらいし思い出してもらえる確立がぐっとあがるんです。

 

印象に残る会話をする

キャバ嬢三種の神器でも書きましたが、お客様は何人もの女の子とお話します。他の子とは違う会話をすること、印象に残る会話をすることが大事です。

前の記事では自分発信でしたが、次はお客様の情熱スイッチを探してみましょう。お客様が「え!その話俺にふっちゃう!?あのねあのね!」となるスイッチです。このスイッチ探しをする女の子はなかなはいません。

f:id:ajimichan:20181004170648j:plain

みなさん初対面のひとと話をしたとき、つい自分に興味のあることに熱くなってしまうことはないですか?それは相手があなたの情熱スイッチを押したということです。

このスイッチを見つけたらこっちのものです。上手に合いの手を入れて自分も興味がある!という態度をしましょう。お客様はあなたに必ず親近感をもってくれます。

 

連絡先を交換する

フリーのテーブルでは必ず連絡先を聞きましょう。場内指名がもらえなくても連絡をとることによって指名客にできることもあります。

ここでありがちな失敗は、名刺に自分の連絡先を書いてお客様に渡し交換した気になっていることです。余程タイプでないとほぼほぼ連絡は来ません。

お客様から直接、携帯番号やメールアドレスをいただくか、ラインを交換しましょう。そして、必ずその場で連絡をしてお客様の携帯電話に自分の連絡先を登録させましょう。

その時わかりやすくお店の名前や自分のニックネームを入れるといいです。

売れているキャバ嬢の携帯にはかなりの人数の連絡先が入っています。お客様は店内だけの接客では指名客になってはくれません。それ以外の努力がとても大切なんです。そのためにも確実に連絡先の交換をしましょう。 

 

お礼メールをする

自分の接客したお客様がチェック(会計)してお店からでたらすぐにお礼の連絡(内容には会話した内容を織り交ぜること)をしましょう。接客中でしたら席から抜けた時やトイレに行ったときなどチャンスはいくらでもあります。

お客様はお店からでるとキラキラした世界から現実の世界に戻ります。そんな時あなたからお礼の連絡がきたらとても嬉しいものです。もしかしたら戻ってきてくれることすらあります。 

f:id:ajimichan:20181004170837j:plain

女の子の中には翌日にお礼の連絡をする子もいますが、それでは遅いです。

次の日が平日の場合、お酒が抜けて仕事モードのお客様は「昨日のキャバ嬢か〜めんどうだな。」と後回しにされてしまいます。

必ずその日のうちにお礼の連絡をしておきましょう。できれば、何回かやり取りをして、最終的におやすみの連絡で締め括れればベストです。

 

フリーのお客様についた際の一連の流れがこれで分かったかと思います。

フリーのお客様の多いお店では1日に何人もフリーのお客様を接客することがあります。お客様に覚えてもらうことも大切ですが自分がお客様のことを忘れないことも大切です。

やることは多いですが慣れれば大丈夫!フリーバック(フリーのお客様に後日指名できてもらうこと)目指して頑張りましょう!

 

あじみ

 

おもしろい!参考になった!応援したい!と思っていただけたら、下のリンクのクリックをおねがいします!



水商売ランキング
にほんブログ村 大人の生活ブログ キャバ嬢・ホステス日記へ
にほんブログ村